カラーデザイン

BTOB開拓サポートを利用〜有効な宣伝ノウハウ〜

場所を取らない

ノベルティ

フライヤーとは小さなチラシのこと

チラシは手軽に作れる広告宣伝ツールとして各方面において利用されていますが、チラシのうちでも特に小さなサイズのものをフライヤーと呼びます。どのくらいのサイズからフライヤーになるのかについて明確な基準はありませんが、おおむねA5版(一般的な単行本の大きさ)よりも小さいものをそう呼んでいます。フライヤーにはその小ささゆえのメリットがいくつかあります。1つは、製作費が安く済むことです。もう1つは、街角で配布したりポスティングしたりしやすいことです。さらにもう1つ、折りたたまなくても場所を取らないため、受け取った人に内容をよく見てもらえることです。こうしたメリットがあるため、現在ではイベント告知などの際にフライヤーが活用される機会が増えています。

本格的な印刷もネットで簡単発注

フライヤーには別のメリットもあります。それは、サイズの限られた家庭用のコピー機などを使っても簡単に作れることです。ただ、高い宣伝効果を狙う人はたいていプロの印刷業者にフライヤー印刷を依頼しています。というのもフライヤーは小さい分カラーやデザインにこだわることで、大きなチラシに負けないインパクトを生み出す必要があるからです。プロの手になるフライヤー印刷は、クオリティの高いフライヤーづくりに役立ちます。印刷業者に発注などしたことがない、という人でも心配は不要です。現在では多くの業者がインターネットでフライヤー印刷の注文を受け付けています。枚数や紙質などを指定し、あとはデザイン原稿を送るだけで簡単にフライヤー印刷ができるようになっています。